都市の中の農ある暮らしを残したい、活かしたい・・・
地域ブランド作りをとおして
地域を耕す「地参地笑」の暮らしを目指します。
川崎市高津区・たちばな地区からの実践レポート!
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
サポーター募集
■『さんの市』運営と野菜販売・イベントサポーター募集のお知らせ
配信希望の方は、たちばな農のあるまちづくり推進会議
E-mail:tachibanastyle@gmail.comまで

■たちばな地区『縁農』イベントのお知らせ
配信希望の方は、NPO法人ぐらす・かわさき E-mail:tachib@grassk.org まで

■たちばな農のあるまちづくり推進会議のホームページはこちら!
農ある バナー.jpg

高津さんの市
偶数月の第3日曜日、9時半〜12時、溝口の「久本薬医門公園」で開催しています。新鮮な季節の採れたて野菜を農家さんから直接買えますよ! 2017年度の開催は、以下の予定です。 【2017年】4月16日 6月18日(6月18日は、武蔵溝ノ口駅前南北自由通路で開催予定) 8月20日 10月15日 12月17日 【2018年】2月18日
農体験イベント
高津区たちばな地区の農家さんご協力していただき、収穫や畑のお仕事をするイベントです。 2016年度は終了、2017年度は予定が決まり次第お知らせします。
たちばな地区風景写真募集
高津区南部のたちばな地区は、今も川崎の一大産地として能ある風景や緑地、歴史遺産が残ります。そんな素敵な風景をカメラに収めて、地元の魅力を一緒にアピールしましょう。
運営
●本ブログは、たちばな農のあるまちづくり推進会議が運営しております。

 E-mail:tachibanastyle@gmail.com
LINKS
PROFILE
SEARCH
たちばな野菜が食べられるレストラン☆

高津区役所5階「レストランたかつ」で、たちばな野菜を使った料理が食べられます!

 

本日は、椿御膳にカブとインゲンを使用。

秋野菜が出てきております。

川崎純情小町☆高津区担当のあずあず、初「レストランたかつ」で美味しく、たちばな野菜をいただいてくれました!

0
    | たちばな みどり | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    夏の交通安全キャンペーン

    「夏の交通安全キャンペーン」が溝口駅北口のキラリデッキで行われました。

     

    これから夏休みに入りますが、子どもの交通事故などを減らそうと行われたキャンペーン

    啓発チラシと併せて、「たちばな野菜」から「湘南レッド」が無料配布されました。

     

    「たちばな野菜」を配布するということで、

    高津区役所危機管理担当の皆様が、私たち「たちばな農のあるまちづくり」推進会議との協力体制をとってくださいました!

     

    私たちの活動紹介と湘南レッドのお勧めレシピについて、吉田委員から約3分のスピーチ♪

    ちなみに吉田委員のお勧めは、冷やし中華!

    暑いなか、頭の中では、冷たい麺ののど越しと

    ピリリとした玉ねぎの食感が交錯しました(汗)

    約300個用意された、湘南レッドは10分前後で完配!
    交通安全キャンペーンの皆さん、ありがとうございました!
    0
      | たちばな みどり | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      第4回エコ・クロスマッチング

      「環境」をテーマに活動している団体が、その紹介をするイベント「エコ・クロスマッチング」が高津市民館CC交流コーナーで行われました。

       

       

      15団体が参加し、持ち時間3分で活動紹介

       

      そして、よかった発表の展示パネルへ「いいね」シールを貼ってもらい、順位を決めました。

       

      私たち「たちばな農のあるまちづくり」推進会議は、15団体中4位となりました!

      来年はもっと上を目指して、今後の活動を頑張っていきたいと思います。

      0
        | たちばな みどり | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        かねこふぁーむに行ってきました
        川崎市で農業?とびっくりする方も多いですが、
        お隣の横浜市も、実はとっても農業が盛んです。

        川崎市と比べてみても、耕地面積は約5倍。
        農家さんの数は約3.5倍です。


        先日、横浜市の舞岡というところにある梅の農家さん
        かねこふぁーむ」に行ってきました。

        農業振興のために様々な活動をされている「Uzumaki
        という市民活動グループがあります。Uzumakiさんは、
        毎月第三木曜日に溝の口の「すくらむ21」で、農産物の
        直売会を行っています。

        Legumeは先日、この直売にお邪魔して、かねこふぁーむ
        さんとであったのです。

        梅のもぎ取りから、梅干講座など、色んな楽しい企画を
        しているほか、お庭でカフェなどもやっていると聞いて、
        これは行ってみなくちゃー!と思っていたのです。


        箱根からの帰り道、ちょっと遅くなってしまい、16時半
        到着でしたが、ちょうど同じタイミングに2家族
        やって来て、小さなカフェは満席になりました。

        木で手作りしたような温かみのある空間。
        窓の外には、ヒグラシが鳴いています。

        メニューもその雰囲気に合わせるかのように、
        手作りの「梅ジュース」「ヤーコン茶」「柿の葉茶」。
        スイーツも、梅ジャム入りヨーグルト、湘南ゴールド
        という柑橘のケーキなど。


        ほっこりとしていて、とっても魅力的でした。

        お客さんは、近所の農家さん仲間のおじさんと、
        小さな赤ちゃんを連れたお母さん、そのおばあちゃん
        らしき方、ご夫婦など。

        農園の奥さんも、お茶を入れながら、顔なじみの
        お客さんとお話したりして、とっても楽しそう。

        みんながなんとなく雑談をしていて、時々あっちの会話
        とこっちの会話が混ざったりして、なんとも懐かしい感じの
        するお茶タイムでした。

        カフェは17時で閉店ですが、そこから歩いて10分位の
        舞岡公園というところに、美しい水田があると聞き、
        行って見ました。


        こんな風景が、横浜にあるのですね・・・。

        夕焼けの中、稲穂が風に揺れて、なんともいえない
        安心感に包まれます。

        おそらく、市民の有志の方々が、この水田を管理して
        いるのでしょう。そして、田植えも行うのでしょう。

        そんな時間が、身近にあるということが、本当に
        素敵だなぁと思いました。

        川崎市高津区には、今は水田はないそうです。
        しかし、久末の農家さんによると、昔は、溝口から5
        くらいの久末から、南武線が見えて、そこまで田んぼが
        広がっていたんですって。

        田んぼはなくとも、久末には今も抜群の眺めを誇る
        「風の丘」(・・・Legumeが勝手に命名しております)が
        あり、そこでは多くの農家さんが農業をしています。

        眺めを見ながら、直売所でお野菜を買ったり、
        お散歩してみてはいかがですか?
        行き方はこちら

        また、来週の火曜日には久末で農家さんのお手伝い
        イベントをやります。誰でも無料で参加できますので
        興味のある方は、ご一報ください。tachib@grassk.org



        0
          | Legume | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          カフェスロー(国分寺)に行ってきました

          こんにちは、Legumeです

          ちょうど2ヶ月前、国分寺にある「カフェスロー」さんに行ってきました。

          JR国分寺駅から徒歩5分。大きな倉庫を改装した店舗は、とても開放的。
          土を塗った壁、窓から見える木々、
          温かみのある木製のテーブル&チェア。


          独創的で、まるで自然に囲まれているかのような、
          果てしなく心地よい空間です。

          楽しいのは、お食事を注文している間に、そこに展示・販売されている
          雑貨を見られること。色んな種類の、お洒落でスローな生活に
          役立つ「Zoony」グッズが選べます。

          お食事は、マクロビオティックを取り入れ、近郊で栽培された安全な野菜を
          中心としたやさしいプレートの数々。見た目も美しく、ボリュームもしっかり
          していて、とてもほっとするお料理とお菓子たちです。

          この日は、金曜日。高津での仕事を終えて、到着したのは19時。
          19時半から、金曜日恒例の「暗闇カフェ」を体験しました。

          【唐揚げテンペの甘酢あんかけ丼と、サングリア】

          暗闇カフェとは、電気を消してロウソクの明かりだけで、
          お食事と音楽を楽しむというもの。
          カフェスローの原点は、なんとこの暗闇カフェのアイデア
          なのだそうです。

          〜〜〜
          2001年6月、アメリカ発カナダ・オーストラリア経由で、
          アメリカ・ブッシュ政権のエネルギー政策に反対した、
          ある活動がありました。それは、夏至の夜19時〜22時の間、
          電気を使わずに過ごそうという「自主的停電」の呼びかけでした。

          地球の自転とともに世界各地で生まれる暗闇のウェーブに、
          わくわくしながら参加したのが、カフェスロー・暗闇カフェの
          始まりでした。

          そして、カフェスローから始まった暗闇カフェのアイデアは、
          その後、2003年から始まる「100万人のキャンドルナイト」の
          一大ムーブメントへとつながっていくこととなりました。

          〜〜〜以上、カフェスローのサイトより抜粋〜〜〜


          震災直後、ゴールデンウィーク中日だったため、世の中は自粛ムード。
          お客さんはとても少なく、4人だけでした。

          しかし、「暗闇演出人」のスローソウルシンガー松谷冬太さんは、
          力いっぱい、歌ってくれました。

          クールだけど熱い歌声に、聞き惚れていた時、カフェスロー代表の
          吉岡淳さんが、「菅総理が、浜岡原発の停止を決めた」と伝えてくれました。

          それはもうびっくりして、感動して、みんなで拍手をしました。
          不安で、これから日本はどうなるのだろう?と誰もが思っていた時期、
          そのときカフェスローにいた私達お客さんと、スタッフの皆さん、
          松谷さんは、初対面でしたけれども、希望の光を共有しました。
          今思えば、あそこに行けば、不安や未来への希望を一緒に考えて
          共感できる人たちがいる、今一番、近くにほしい場所だったように思います。


          カフェスローは、オーガニック、スロー・フード、フェアトレード、
          スロー・ビジネス、スロー・マネーをコンセプトにしています。


          Legumeが昔からずっと関心を持っていること、それはスロー・フード、
          オーガニック、フェアトレード。そして、その他のコンセプトにも、
          この仕事に就くことを意識したのと同じ頃から、興味を持っています。


          近い将来、お店を作るときには、カフェスローのような場所を
          作りたいなと、思っています。

          Legumeのキャンドルナイトです】



          0
            | Legume | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            <new | top | old>