都市の中の農ある暮らしを残したい、活かしたい・・・
地域ブランド作りをとおして
地域を耕す「地参地笑」の暮らしを目指します。
川崎市高津区・たちばな地区からの実践レポート!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
サポーター募集
■『さんの市』運営と野菜販売・イベントサポーター募集のお知らせ
配信希望の方は、たちばな農のあるまちづくり推進会議
E-mail:tachibanastyle@gmail.comまで

■たちばな地区『縁農』イベントのお知らせ
配信希望の方は、NPO法人ぐらす・かわさき E-mail:tachib@grassk.org まで

■たちばな農のあるまちづくり推進会議のホームページはこちら!
農ある バナー.jpg

高津さんの市
偶数月の第3日曜日、9時半〜12時、溝口の「久本薬医門公園」で開催しています。新鮮な季節の採れたて野菜を農家さんから直接買えますよ! 2017年度の開催は、以下の予定です。 【2017年】4月16日 6月18日(6月18日は、武蔵溝ノ口駅前南北自由通路で開催予定) 8月20日 10月15日 12月17日 【2018年】2月18日
農体験イベント
高津区たちばな地区の農家さんご協力していただき、収穫や畑のお仕事をするイベントです。 2016年度は終了、2017年度は予定が決まり次第お知らせします。
たちばな地区風景写真募集
高津区南部のたちばな地区は、今も川崎の一大産地として能ある風景や緑地、歴史遺産が残ります。そんな素敵な風景をカメラに収めて、地元の魅力を一緒にアピールしましょう。
運営
●本ブログは、たちばな農のあるまちづくり推進会議が運営しております。

 E-mail:tachibanastyle@gmail.com
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< はじめまして & 高津のお野菜販売! | main | 慶三さんのかぶで、パスタ。「イタリア色の温サラダ風パスタ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    スリランカのカレーが美味しいお店♪ (溝の口駅近く)
    みなさん、こんにちは♥
    Legumeです。

    溝の口駅から歩いて5分くらいのところに、
    私たちのオフィス事務所はあります。

    その真ん前に、素敵なレストランを発掘!

    スリランカ料理のお店
    Surasa」さんです。


    ランチは850円の今日のランチ一本のみ。
    シンプルに、食べてほしいものを供する。
    そんな心意気を感じてしまいます。


    私がいただいたのは、
    ☆鶏のカレー
    ☆大根のカレー
    ☆豆のスナック
    ☆玉ねぎ・トマトの付け合せ
    ☆スリランカ紅茶

    でした。

    一口に「カレー」と言っても、
    鶏のカレーは茶色くて何種類ものスパイスを
    混ぜている、深いお味。

    大根のカレーは、黄色くてさらさらしていて、
    ココナッツの香りが甘いのに、お味はピリッ!

    たっぷりのスリランカ米にかけてくれます。

    おいしかった〜。

    スリランカ人のご主人は日本語が堪能で、
    気遣いも細やかです。


    聞くと、お米はオーガニック。スパイスや塩は
    スリランカにいる家族経由で取り寄せている
    そうです。

    お野菜は、高津区の畑から直接買っているとか。

    思わず「♡ ♡」!
    反応してしまった!

    食器も、オリジナルの温かみあるもの。
    こんな素敵な「ストーリー」いっぱいのお店に、
    Legumeは心を惹かれてしまうのです。


    そしてそして、ホームページを見てまたビックリ。
    なんと、ご主人はスリランカ舞踊の名家の子息で、
    世界的に活躍するダンサーなんだそうです。

    ダンス教室も開講しています

    溝の口のちょっと驚き・素敵なインフォメーションでした☀

    あ、カレーはホット!!!(辛い)ですので、苦手な方は
    相談をされると良いと思います♪




    0
      | Legume | ジモト高津のオススメ情報! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |









        url: http://tachibstyle.jugem.jp/trackback/188