都市の中の農ある暮らしを残したい、活かしたい・・・
地域ブランド作りをとおして
地域を耕す「地参地笑」の暮らしを目指します。
川崎市高津区・たちばな地区からの実践レポート!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
サポーター募集
■『さんの市』運営と野菜販売・イベントサポーター募集のお知らせ
配信希望の方は、たちばな農のあるまちづくり推進会議
E-mail:tachibanastyle@gmail.comまで

■たちばな地区『縁農』イベントのお知らせ
配信希望の方は、NPO法人ぐらす・かわさき E-mail:tachib@grassk.org まで

■たちばな農のあるまちづくり推進会議のホームページはこちら!
農ある バナー.jpg

高津さんの市
偶数月の第3日曜日、9時半〜12時、溝口の「久本薬医門公園」で開催しています。新鮮な季節の採れたて野菜を農家さんから直接買えますよ! 2017年度の開催は、以下の予定です。 【2017年】4月16日 6月18日(6月18日は、武蔵溝ノ口駅前南北自由通路で開催予定) 8月20日 10月15日 12月17日 【2018年】2月18日
農体験イベント
高津区たちばな地区の農家さんご協力していただき、収穫や畑のお仕事をするイベントです。 2016年度は終了、2017年度は予定が決まり次第お知らせします。
たちばな地区風景写真募集
高津区南部のたちばな地区は、今も川崎の一大産地として能ある風景や緑地、歴史遺産が残ります。そんな素敵な風景をカメラに収めて、地元の魅力を一緒にアピールしましょう。
運営
●本ブログは、たちばな農のあるまちづくり推進会議が運営しております。

 E-mail:tachibanastyle@gmail.com
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 次回ファーマーズマーケット高津さんの市は7月3日! | main | 産直野菜ビュッフェスタイルレストランベジ(Vege2)に行ってきました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    久末の果樹 桑の実 
    こんにちは!まさおです。
    この実はなんだかわかりますか?

    私ははじめて見たのですが、
    くわの実です。

     

    昔は、どこにでも生えていた桑の木。
    今は、ほとんどこのあたりには見られないようです。

    桑の木を1本だけ育てている農家さんがおられました。
    苗をわざわざ取り寄せて、育ててきたということです。
    貴重な実を分けてくださいました。

    マルベリー、どどめとも呼ばれるそうですね。
    この実を「懐かしい!」と感じる方もおられるとか。

    やさしい甘みと、控えめなすっぱさがありました。


    それから、こちらは、ジューンベリー。
    さっぱりした甘みです。リンゴに近いかな?
    独特の風味があります。



    今は、梅酒用の梅をたくさん出荷されているそうです。
    白加賀という品種です。
    梅酒には最適な梅です。
    「梅ジャムも作ってみたけど、すっぱいねぇ」ということでした。

    なんだか果物ってのは、見ていてほっとしますね。
    匂いがあるからかもしれません。・・・自分だけかな・・・
    0
      | まさお | たちばなの畑と農産物直売所 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        まさお (2011/06/10 3:41 PM)
        >kawamuraさん

        甘酸っぱい素敵なお話、ありがとうございます。

        甘いものが身の周りにたくさんある現代でも
        木の実の味にはかなわないなぁと思います。

        思い出もいっしょにあると、なおのこと
        おいしく感じるのでしょうね。
        kawamura.noboru (2011/06/10 11:07 AM)
        桑の実!の深い思い出
        昭和20年終戦直前ですが〈当時10歳)神奈川県の伊勢原のお寺に集団疎開していました、お寺の周りは田んぼと桑の木の畑でした、食料難で甘い物なんて食べられない時代でしたので桑の実、初体験で食べた時、こんなに甘くて美味しい物、世の中に有るんだ・・・感動しました・・・近くの畑で食べてる所、先生に見つかり、注意され、何も食べてませんと言ったら、口を開けなさいと言われ、口の中が桑の実の色で紫色になってた事、後から知りました、桑の実の写真見て
        遠い昔の郷愁を感じましたので。









        url: http://tachibstyle.jugem.jp/trackback/222