都市の中の農ある暮らしを残したい、活かしたい・・・
地域ブランド作りをとおして
地域を耕す「地参地笑」の暮らしを目指します。
川崎市高津区・たちばな地区からの実践レポート!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
サポーター募集
■『さんの市』運営と野菜販売・イベントサポーター募集のお知らせ
配信希望の方は、たちばな農のあるまちづくり推進会議
E-mail:tachibanastyle@gmail.comまで

■たちばな地区『縁農』イベントのお知らせ
配信希望の方は、NPO法人ぐらす・かわさき E-mail:tachib@grassk.org まで

■たちばな農のあるまちづくり推進会議のホームページはこちら!
農ある バナー.jpg

高津さんの市
偶数月の第3日曜日、9時半〜12時、溝口の「久本薬医門公園」で開催しています。新鮮な季節の採れたて野菜を農家さんから直接買えますよ! 2017年度の開催は、以下の予定です。 【2017年】4月16日 6月18日(6月18日は、武蔵溝ノ口駅前南北自由通路で開催予定) 8月20日 10月15日 12月17日 【2018年】2月18日
農体験イベント
高津区たちばな地区の農家さんご協力していただき、収穫や畑のお仕事をするイベントです。 2016年度は終了、2017年度は予定が決まり次第お知らせします。
たちばな地区風景写真募集
高津区南部のたちばな地区は、今も川崎の一大産地として能ある風景や緑地、歴史遺産が残ります。そんな素敵な風景をカメラに収めて、地元の魅力を一緒にアピールしましょう。
運営
●本ブログは、たちばな農のあるまちづくり推進会議が運営しております。

 E-mail:tachibanastyle@gmail.com
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 高津に原木シイタケを作る農家さんがいるって!援農に行ってきました(動画つき) | main | 次回援農サポーター募集のお知らせ >>
トマトが美味しい夏が来た!スイーツも魅力炸裂!
こんにちは、Legumeです

ムシムシ暑い!!暑いですね!!!!

トマトが美味しい夏が来ました。
仕事で高津区久末に行くことが多いLegumeは、その
立場をいかして美味しいトマトを買ってきては
楽しんでおります(笑


はい、高津には、最高に美味しいトマトがあります。
ブランド化できるのでは?というほど、ファンが多い、
高津のトマト。



それを使って、今度のさんの市に再び

が登場します!



お題=「トマトが旬を迎える季節ならではのお菓子」
ということで、パティシエの中西さんが腕を振るって
くれました。じゃん!



この美しさ・・・
トマトがビジュー(宝石)のようです。 



写真を見て、何を連想しますか?


私は、灼熱の太陽を想像しました。


太陽を浴びて、大切に育てられたトマトです。
こんなに素敵なスイーツになるんですね!!

わざわざスイーツにしなくたって、生で十分。
・・という方もいらっしゃるでしょう。

Legumeも実はそういうタイプだったのですが・・・

このゼリーにはやられました。

一言でいえば、「ものすごく美味しい!なんておしゃれ!」
なのです。いぇ、本当においしいです。
試作品をいただいて、一瞬でペロリでした、本当に。
あぁ、もう一個食べたい・・・・・・・

今回、中西さんが編み出した「りんごとのマリアージュ」が
絶妙なのだと思います。

りんごとトマトが合わさることで、本当に繊細な味の
バランスがすっと立ち上がると言いましょうか。

今まで誰も試さなかった、秘密の配合。
それを知ってしまったら、夢中にならずにいられない。

とにかく素敵でした。

食感も大事なポイントです。
ゼリーはフルフル。飾りのプチトマトが、溺れるくらいに。

プチトマトとゼリーの間に、クリスタルのような層があることで
一層美しく、舌にやさしいテクスチャーになっています。

さんの市で登場します。

どうぞお楽しみに!

そして、売り切れないうちに、お早めにどうぞ!


0
    | Legume | たちばな野菜でコラボプロジェクト♪ | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
      Legume (2011/06/20 3:38 PM)
      kawamuraさん、コメントありがとうございます。
      明日、久末にトマトを仕入れに行ってきます。
      久末のトマトにも色々ありますが、樽栽培という独特の方法で育てられた「大吉」という品種は、皮がしっかりしていて、青っぽい、いわゆる懐かしい感じのするトマトだと思います。kawamuraさんもおそらくお好きなタイプのトマトです。
      そしてこれが、ブールミッシュの手にかかると素敵なゼリーにもなってしまうわけです。あぁ、もうひとつ食べたい・・・私も当日、買ってしまいそうです。kawamuraさんも、お早めにお越しくださいね。
      kawamura.noboru (2011/06/19 3:39 AM)
      野菜の中でトマトは昔から大好きです、品質改良されて、甘さや旨み成分も増加しましたが、これからは野路物の季節がやって来ました、天然の青臭さや、えぐみが何とも好きです。
      プチトマトの宝石!PR の文章が上手で絶対に売り切れない内に買いに行こうと思います。









      url: http://tachibstyle.jugem.jp/trackback/226