都市の中の農ある暮らしを残したい、活かしたい・・・
地域ブランド作りをとおして
地域を耕す「地参地笑」の暮らしを目指します。
川崎市高津区・たちばな地区からの実践レポート!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
サポーター募集
■『さんの市』運営と野菜販売・イベントサポーター募集のお知らせ
配信希望の方は、たちばな農のあるまちづくり推進会議
E-mail:tachibanastyle@gmail.comまで

■たちばな地区『縁農』イベントのお知らせ
配信希望の方は、NPO法人ぐらす・かわさき E-mail:tachib@grassk.org まで

■たちばな農のあるまちづくり推進会議のホームページはこちら!
農ある バナー.jpg

高津さんの市
偶数月の第3日曜日、9時半〜12時、溝口の「久本薬医門公園」で開催しています。新鮮な季節の採れたて野菜を農家さんから直接買えますよ! 2017年度の開催は、以下の予定です。 【2017年】4月16日 6月18日(6月18日は、武蔵溝ノ口駅前南北自由通路で開催予定) 8月20日 10月15日 12月17日 【2018年】2月18日
農体験イベント
高津区たちばな地区の農家さんご協力していただき、収穫や畑のお仕事をするイベントです。 2016年度は終了、2017年度は予定が決まり次第お知らせします。
たちばな地区風景写真募集
高津区南部のたちばな地区は、今も川崎の一大産地として能ある風景や緑地、歴史遺産が残ります。そんな素敵な風景をカメラに収めて、地元の魅力を一緒にアピールしましょう。
運営
●本ブログは、たちばな農のあるまちづくり推進会議が運営しております。

 E-mail:tachibanastyle@gmail.com
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< トマトの片付けのお手伝い+次回はバイオディーゼルバス! | main | 育てて食べよう!マイじゃがいも〜!第1弾 無事終了しました >>
地元で作ったかぼちゃ「ロロン」を使った、かぼちゃ饅頭完成!
みなさま、「ロロン」というかぼちゃをご存知ですか?

上品な甘さと滑らかな舌触りが特徴という新しい品種です。

こんな形。

梶ヶ谷の和菓子屋さん「善ざい」さんでは、
川崎市産の卵を利用して、「かぼちゃ饅頭」という、和菓子を作っておられました。

かわさき名産品2010にも選定されている、おいしーお饅頭なのですが、
かぼちゃも地元のものを使えないか・・・という、お問い合わせが
「たちばな農のあるまちづくり推進会議」のメンバーにありました・・・

0
    7月某日

    地元のかぼちゃをいくつか抱えて、善ざいさんに訪問。

    地元のかぼちゃは使いたいが、甘くて、ホクホクのものがよいとのリクエストがありました。
    持参したかぼちゃは、熟成がたりなかったのか、不合格・・・


    この訪問の際には、出荷できる状態ではなかったのですが、
    森清行さんという農家さんが、ロロンという品種のカボチャを作っていると
    聞いていました。そのかぼちゃができたら、再度打合せましょうということで、
    この日は退散・・・

    でも、とっても、やさしいご主人様でした。
    工房も見せていただきました・・・餡のあまーい匂いがしました!




    7月末

    再度、善ざいさんに訪問。ロロンをお届けしました。
    生産者の森清行さんのお話では、とてもよくできているとのこと。

    相談の結果、かぼちゃの熟成期間を考慮して、
    8月下旬にかぼちゃ饅頭を作ってみようとのこと。・・・うー楽しみ。



    そして・・・8月22日。
    善ざいさんからご連絡があり、ロロンを使ったかぼちゃ饅頭が出来上がったとのこと!
    これですねー!


    もともとおいしいお饅頭ですが、さらに、ロロンを使ってパワーアップしております!


    梶ヶ谷駅から徒歩10分。和菓子の善ざいさんで、かぼちゃ饅頭を
    是非おためしあれ!

    | まさお | たちばな野菜でコラボプロジェクト♪ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |









      url: http://tachibstyle.jugem.jp/trackback/246