都市の中の農ある暮らしを残したい、活かしたい・・・
地域ブランド作りをとおして
地域を耕す「地参地笑」の暮らしを目指します。
川崎市高津区・たちばな地区からの実践レポート!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
サポーター募集
■『さんの市』運営と野菜販売・イベントサポーター募集のお知らせ
配信希望の方は、たちばな農のあるまちづくり推進会議
E-mail:tachibanastyle@gmail.comまで

■たちばな地区『縁農』イベントのお知らせ
配信希望の方は、NPO法人ぐらす・かわさき E-mail:tachib@grassk.org まで

■たちばな農のあるまちづくり推進会議のホームページはこちら!
農ある バナー.jpg

高津さんの市
偶数月の第3日曜日、9時半〜12時、溝口の「久本薬医門公園」で開催しています。新鮮な季節の採れたて野菜を農家さんから直接買えますよ! 2017年度の開催は、以下の予定です。 【2017年】4月16日 6月18日(6月18日は、武蔵溝ノ口駅前南北自由通路で開催予定) 8月20日 10月15日 12月17日 【2018年】2月18日
農体験イベント
高津区たちばな地区の農家さんご協力していただき、収穫や畑のお仕事をするイベントです。 2016年度は終了、2017年度は予定が決まり次第お知らせします。
たちばな地区風景写真募集
高津区南部のたちばな地区は、今も川崎の一大産地として能ある風景や緑地、歴史遺産が残ります。そんな素敵な風景をカメラに収めて、地元の魅力を一緒にアピールしましょう。
運営
●本ブログは、たちばな農のあるまちづくり推進会議が運営しております。

 E-mail:tachibanastyle@gmail.com
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< たちばな野菜に出会うお祭り!イタリア料理の試食もあります☆ | main | 秋じゃがを堀りに行ってきました >>
あの「トマトのギモーヴ」再び!
 こんにちは、Legumeです

2週間後に迫った、高津さんの市 「たちばな野菜と出会うお祭り!」!

出店者がだんだんと決まりつつあります。
その中で・・・朗報です♪!!

5月・7月のさんの市で大好評だった、ブールミッシュのお菓子が
再び登場します!!!

名作  トマトのギモーヴ』 

久末の森清行さんのハウスでは、冬のこの時期、新年最初のトマトが
できてきています。その「大安吉日」品種のトマトを惜しげなく使い、
レモンの爽やかな香りと組み合わせることでトマトの風味を一層
優しく表現した、おいしいマシュマロです。

今回は、同じく久末の鈴木洋輔さんが育てた、レモンも入ります。
久末コラボのトマトギモーヴ、ということになります

形が正方形なので、とってもおしゃれ。
珍しいお菓子、しかもご当地でしか食べられないお菓子。
手土産に♪自分へのごほうびに♪ いかがですか?

前回、売り切れで買えなかった〜!と悔しがっていた方、お見逃しなく・・・

(前回、初登場の時に届いた試作のトマトギモーヴの写真↑)


また、新しい試みで 『ニンジンのマカロン

というのも登場します!
ハート型で可愛らしく、綺麗なオレンジ色のマカロンになると思います。
あー 楽しみ!!!

二日後のバレンタインのプレゼントに、いかがですか???


最後に、お菓子ではありません。 たちばな野菜のキッシュ
も登場します。

いつもはお菓子に情熱を注ぐ寡黙な中西シェフ・・・
実は、料理にも(の方が)燃えるそうなんです!

3種類のたちばな野菜を組み合わせて、たちばな産の卵(森正養鶏場のモリモリ卵)
でパイ生地に閉じ込めます!

軽いランチにもなりそうですね。

0
    | Legume | 高津さんの市(ファーマーズマーケット) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |









      url: http://tachibstyle.jugem.jp/trackback/289