都市の中の農ある暮らしを残したい、活かしたい・・・
地域ブランド作りをとおして
地域を耕す「地参地笑」の暮らしを目指します。
川崎市高津区・たちばな地区からの実践レポート!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
サポーター募集
■『さんの市』運営と野菜販売・イベントサポーター募集のお知らせ
配信希望の方は、たちばな農のあるまちづくり推進会議
E-mail:tachibanastyle@gmail.comまで

■たちばな地区『縁農』イベントのお知らせ
配信希望の方は、NPO法人ぐらす・かわさき E-mail:tachib@grassk.org まで

■たちばな農のあるまちづくり推進会議のホームページはこちら!
農ある バナー.jpg

高津さんの市
偶数月の第3日曜日、9時半〜12時、溝口の「久本薬医門公園」で開催しています。新鮮な季節の採れたて野菜を農家さんから直接買えますよ! 2017年度の開催は、以下の予定です。 【2017年】4月16日 6月18日(6月18日は、武蔵溝ノ口駅前南北自由通路で開催予定) 8月20日 10月15日 12月17日 【2018年】2月18日
農体験イベント
高津区たちばな地区の農家さんご協力していただき、収穫や畑のお仕事をするイベントです。 2016年度は終了、2017年度は予定が決まり次第お知らせします。
たちばな地区風景写真募集
高津区南部のたちばな地区は、今も川崎の一大産地として能ある風景や緑地、歴史遺産が残ります。そんな素敵な風景をカメラに収めて、地元の魅力を一緒にアピールしましょう。
運営
●本ブログは、たちばな農のあるまちづくり推進会議が運営しております。

 E-mail:tachibanastyle@gmail.com
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 大山街道フェスタに参加しました | main | またまたじゃがいも堀りー! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    都市農業講座。今回も冬の農家さんの作業を体験
     こんにちは!まさおです。

    ご報告が遅くなりましたが、日曜は都市農業講座!ということで、
    今回も森大介さんの畑と、久清ファームに行ってきました。

    1.jpg

    0

      今回は、えだ豆の種を撒きます。大豆にそっくりですね。
      というより、元々枝豆というのは、大豆の若いときのものなのです。

      育苗のケースに、並べていきます。
      単純作業ですが、工夫をするとスピードが上がります。
      これが農家さんの腕の見せ所の一つなんでしょうねー。
      2.jpg

      3.jpg

      こうしてできた育苗パレットを温室に運びました。
      大体7月くらいから出荷できるのだそうです。もう7月のことを考えて準備しているのですねぇ・・・

      4.jpg

      あー温室は暖かいですねぇ。
      他の種もすでに準備しています。これは何だかわかりますか?

      5.jpg

      青い!

      これはソラマメなんですね。種のメーカーから出されている種は、
      消毒されていたりしているのと、種が識別できるように、色が付いています。
      それにしても、ソラマメが青だなんて、なんだかおもしろいですね。

      さて、そんなところで、次は久清ファームに移ります。
      今度は種芋を切る作業です!

      9.jpg

      包丁で、うまいこと芽があるように切ります。
      「ここには、○○キロあって、1つで△△グラムあれば種芋として成立する。そうすると終了が□□キロで・・・」
      と、清行さんがさらさらと言います・・・うーん、あったりまえですが、きっちり先々考えて、作業をしているのですねー。


      さて、今回は、温室も見学してみました。
      これは、みなさんなんだかわかりますよね?

      10.jpg

      最近、よく見かけるようになった、アイスプラントです。
      地面の塩分を吸ってくれるという植物ですが、歯ごたえがおもしろく、またクセもないおいしい野菜です。

      今回参加したメンバーは知らなかったようで、興味深々ですねー。
      11.jpg

      温室の中では、小松菜や大根がきれいにならんでいます。
      直売所を野菜で埋めるように、恒常的に野菜を出荷できるよう、とっても工夫されているのですね。
      おつかれさまでした!

      12.jpg
      | まさお | 「縁農」(農体験)のお知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |









        url: http://tachibstyle.jugem.jp/trackback/294