都市の中の農ある暮らしを残したい、活かしたい・・・
地域ブランド作りをとおして
地域を耕す「地参地笑」の暮らしを目指します。
川崎市高津区・たちばな地区からの実践レポート!
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
サポーター募集
■『さんの市』運営と野菜販売・イベントサポーター募集のお知らせ
配信希望の方は、たちばな農のあるまちづくり推進会議
E-mail:tachibanastyle@gmail.comまで

■たちばな地区『縁農』イベントのお知らせ
配信希望の方は、NPO法人ぐらす・かわさき E-mail:tachib@grassk.org まで

■たちばな農のあるまちづくり推進会議のホームページはこちら!
農ある バナー.jpg

高津さんの市
偶数月の第3日曜日、9時半〜12時、溝口の「久本薬医門公園」で開催しています。新鮮な季節の採れたて野菜を農家さんから直接買えますよ! 2017年度の開催は、以下の予定です。 【2017年】4月16日 6月18日(6月18日は、武蔵溝ノ口駅前南北自由通路で開催予定) 8月20日 10月15日 12月17日 【2018年】2月18日
農体験イベント
高津区たちばな地区の農家さんご協力していただき、収穫や畑のお仕事をするイベントです。 2016年度は終了、2017年度は予定が決まり次第お知らせします。
たちばな地区風景写真募集
高津区南部のたちばな地区は、今も川崎の一大産地として能ある風景や緑地、歴史遺産が残ります。そんな素敵な風景をカメラに収めて、地元の魅力を一緒にアピールしましょう。
運営
●本ブログは、たちばな農のあるまちづくり推進会議が運営しております。

 E-mail:tachibanastyle@gmail.com
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 援農 | main | 6月2日、農作業に行きます! >>
【講演と料理の夕べ〜もう一つの時間軸、「旧暦」で五節供を楽しむ】
 こんにちは!
メサグランデのイベント情報です。

【講演と料理の夕べ〜もう一つの時間軸、「旧暦」で五節供を楽しむ】

四季折々の自然の恵み―旬は、古くから季節暦の行事、節供に供されてきました。旧暦のこと、五節供の1つ「桃の節供」の謂れ(いわれ)などを紐解きながら、旬の味を基本に、身近な材料や調味料で作る雛の献立で、廻りきた春をお楽しみください。


「五節供」とは...
節句はもとは「節供」と書き、江戸時代は年に5日が公式に法制化された式日(現在の祝日のようなもの)でした。この5日を「五節供」と言い、現在も重要な年中行事となっています。

4月12日は旧暦3月3日桃の節供
♪お料理の予定♪(内容は当日変更の場合もあります)
・「蒸し野菜 チーズソース」
・「ハマグリのウニ焼き」
・「平貝と菜の花のごまみそ」
・「菱豆腐椀」
・「雛ずし」
・「苺ババロア」 etc…


■日時
2013年4月13日(土)

■時間
18:00〜20:00

■場所
メサグランデ(JR武蔵新城駅徒歩2分)

■参加費
2000円

■申し込み
「メサ・グランデ」にて受付いたします。
TEL・FAX:044-872-9795
E-Mail:tachib@grass.org

■主催
【風力5】、【メサ・グランデ】
0
    | たちばな みどり | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |









      url: http://tachibstyle.jugem.jp/trackback/335