都市の中の農ある暮らしを残したい、活かしたい・・・
地域ブランド作りをとおして
地域を耕す「地参地笑」の暮らしを目指します。
川崎市高津区・たちばな地区からの実践レポート!
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
サポーター募集
■『さんの市』運営と野菜販売・イベントサポーター募集のお知らせ
配信希望の方は、たちばな農のあるまちづくり推進会議
E-mail:tachibanastyle@gmail.comまで

■たちばな地区『縁農』イベントのお知らせ
配信希望の方は、NPO法人ぐらす・かわさき E-mail:tachib@grassk.org まで

■たちばな農のあるまちづくり推進会議のホームページはこちら!
農ある バナー.jpg

高津さんの市
偶数月の第3日曜日、9時半〜12時、溝口の「久本薬医門公園」で開催しています。新鮮な季節の採れたて野菜を農家さんから直接買えますよ! 2017年度の開催は、以下の予定です。 【2017年】4月16日 6月18日(6月18日は、武蔵溝ノ口駅前南北自由通路で開催予定) 8月20日 10月15日 12月17日 【2018年】2月18日
農体験イベント
高津区たちばな地区の農家さんご協力していただき、収穫や畑のお仕事をするイベントです。 2016年度は終了、2017年度は予定が決まり次第お知らせします。
たちばな地区風景写真募集
高津区南部のたちばな地区は、今も川崎の一大産地として能ある風景や緑地、歴史遺産が残ります。そんな素敵な風景をカメラに収めて、地元の魅力を一緒にアピールしましょう。
運営
●本ブログは、たちばな農のあるまちづくり推進会議が運営しております。

 E-mail:tachibanastyle@gmail.com
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 3月14(土)ジャガイモ掘り大会やります! | main | 2015年4月からも引き続き偶数月の第3日曜は「高津 さんの市」 >>
3月11日(水)清行さんのトマトハウスのお片付け終了いたしました!
皆様
こんにちは。

今日は久清ファームの森清行さんのトマトハウスのお片付けに行ってきました!
総勢で6名の参加がありました。


清行さんのトマトは「たる」で栽培を行っています。
垂れている紐にトマトの木が洗濯バサミで巻き付いているので、取り外す作業です。





広いハウスの中、すべてトマトのたるです。





ひたすら取り外します。




休憩中に、野菜の生産の難しさをお話ししてくれました。
トマトは比較的育てやすい作物であるとのこと。


今の時期はキュウリを作れば大きな収入源になりますが、1日に2回収穫しないといけなかったり、手間がとてもかかるそう。
半日取りそびれると次の日には大きくなりすぎて販売できなくなるほど。。。


農家さんと対面でお話したり、生産の場に直に接すると、現状が少し見えてくる気がします。


休憩後には、たるの中に生えている草を取ってスッキリ。






約3時間後。。。。






























今日はとても良い天気でしたが、キレイさっぱりしたら、さらに明るくなったみたい♪
















お土産はコケシニンジン!笑





足長さんとコケシ兄弟笑







作りたくても作れないよ笑、と微笑む農家さんの優しい眼差しに何だかウルウル(;_;)












作業終了後もお話が盛り上がり、心に残る大切な1日となりました。





清行さん、参加者の皆様、ありがとうございました!

そして!今週末の14日(土)もジャガイモ掘り大会で清行さんにお世話になります!

ジャガイモ掘り大会はまだまだ参加者募集中です。
参加希望の方はtachib@grassk.orgまで。
0
    | たちばな みどり | 「縁農」(農体験)のお知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |









      url: http://tachibstyle.jugem.jp/trackback/422