都市の中の農ある暮らしを残したい、活かしたい・・・
地域ブランド作りをとおして
地域を耕す「地参地笑」の暮らしを目指します。
川崎市高津区・たちばな地区からの実践レポート!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
サポーター募集
■『さんの市』運営と野菜販売・イベントサポーター募集のお知らせ
配信希望の方は、たちばな農のあるまちづくり推進会議
E-mail:tachibanastyle@gmail.comまで

■たちばな地区『縁農』イベントのお知らせ
配信希望の方は、NPO法人ぐらす・かわさき E-mail:tachib@grassk.org まで

■たちばな農のあるまちづくり推進会議のホームページはこちら!
農ある バナー.jpg

高津さんの市
偶数月の第3日曜日、9時半〜12時、溝口の「久本薬医門公園」で開催しています。新鮮な季節の採れたて野菜を農家さんから直接買えますよ! 2017年度の開催は、以下の予定です。 【2017年】4月16日 6月18日(6月18日は、武蔵溝ノ口駅前南北自由通路で開催予定) 8月20日 10月15日 12月17日 【2018年】2月18日
農体験イベント
高津区たちばな地区の農家さんご協力していただき、収穫や畑のお仕事をするイベントです。 2016年度は終了、2017年度は予定が決まり次第お知らせします。
たちばな地区風景写真募集
高津区南部のたちばな地区は、今も川崎の一大産地として能ある風景や緑地、歴史遺産が残ります。そんな素敵な風景をカメラに収めて、地元の魅力を一緒にアピールしましょう。
運営
●本ブログは、たちばな農のあるまちづくり推進会議が運営しております。

 E-mail:tachibanastyle@gmail.com
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 4月5日(日)縁農 2周目に延期 | main | 4月12日(日)畑へのお誘い >>
澁谷農園「母家」さんが、今朝の朝日新聞に紹介されました!

今朝の朝日新聞。

昨年暮れに開所した、高津区の澁谷農園さんのコミュニティスペース「母家」さんが紹介されています。広いキッチンもあり、畑で採れた野菜などをその場で調理して食べるイベントなども開催されていますよ。
http://omoya-farm.blogspot.jp/

そんな素敵な「母家」さん他、神奈川県内50か所の...地域のたまり場・居場所を紹介した『コミュニティカフェガイドブック 神奈川50選』(ぐらす・かわさき制作)も紹介されています。

入手ご希望の方は、ぐらす・かわさきさんまで。
TEL:044-872-9325
E-mail:tachib@grassk.org
1冊540円(消費税込)、送料100円(何冊でも)でお送りしているそうです。

 

JUGEMテーマ:エコライフ
0
    | たちばな みどり | たちばなの畑と農産物直売所 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |









      url: http://tachibstyle.jugem.jp/trackback/426