都市の中の農ある暮らしを残したい、活かしたい・・・
地域ブランド作りをとおして
地域を耕す「地参地笑」の暮らしを目指します。
川崎市高津区・たちばな地区からの実践レポート!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
サポーター募集
■『さんの市』運営と野菜販売・イベントサポーター募集のお知らせ
配信希望の方は、たちばな農のあるまちづくり推進会議
E-mail:tachibanastyle@gmail.comまで

■たちばな地区『縁農』イベントのお知らせ
配信希望の方は、NPO法人ぐらす・かわさき E-mail:tachib@grassk.org まで

■たちばな農のあるまちづくり推進会議のホームページはこちら!
農ある バナー.jpg

高津さんの市
偶数月の第3日曜日、9時半〜12時、溝口の「久本薬医門公園」で開催しています。新鮮な季節の採れたて野菜を農家さんから直接買えますよ! 2017年度の開催は、以下の予定です。 【2017年】4月16日 6月18日(6月18日は、武蔵溝ノ口駅前南北自由通路で開催予定) 8月20日 10月15日 12月17日 【2018年】2月18日
農体験イベント
高津区たちばな地区の農家さんご協力していただき、収穫や畑のお仕事をするイベントです。 2016年度は終了、2017年度は予定が決まり次第お知らせします。
たちばな地区風景写真募集
高津区南部のたちばな地区は、今も川崎の一大産地として能ある風景や緑地、歴史遺産が残ります。そんな素敵な風景をカメラに収めて、地元の魅力を一緒にアピールしましょう。
運営
●本ブログは、たちばな農のあるまちづくり推進会議が運営しております。

 E-mail:tachibanastyle@gmail.com
LINKS
PROFILE
SEARCH
川崎の野菜を使ったランチの会を開催します!
 

高津区二子にある「カフェと美しい生活用品 がいあ」さんのランチの会で、たちばなの野菜を使っていただけることになりました。
たちばなの野菜を味わってみたい方、ぜひランチの会にいらしてください!

川崎の野菜を使ったランチの会

 

   日時  2月19日(金)12時〜

● 場所  カフェと美しい生活用品 がいあ(高津区二子1−22−1)

ホームページ http://homepage3.nifty.com/cafegaia/

●メニュー

  ・       国産鶏と川崎のお野菜を使ったポトフ
・ 手作りフォカッチャ(国産小麦使用)
・ お豆腐プリンパフェ

・ オーガニック・コーヒーまたは、オーガニックの紅茶

・ 専属ソムリエお薦めのノンアルコール・ワイン。
    
別料金で、お料理に合わせたグラスワインもオーダー可能。

     ポイント

材料はなるべく国産のもの、安全なものを使用(国産小麦、国産肉、粗糖、無添加のアイスクリームなど)

 

●お一人様  1500円(予定)  

●定 員   7名様 
  
お店が小さいため、小さなお子様はご遠慮ください

 

     お申込み

  カフェと美しい生活用品 がいあ 

メール又は電話にてご予約ください。

cafe-gaia@nifty.com   又は  080-1162-7436  まで。

 

0
    | たちばな みどり | ジモト高津のオススメ情報! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「天体戦士サンレッド」とコラボ! 鶏だんご鍋
     
    天体戦士サンレッドが鶏だんご鍋を征服する!の図

    くぼたまこと原作のギャグ漫画。
    高津区溝口を舞台にしており、駅前のマルイや高津市民館など実在の店舗などが登場する「天体戦士サンレッド」をご存知でしょうか?TVアニメ第2期も放映中で、年齢を問わず幅広い層から支持されている、らしい・・・。
    そのサンレッドアニメエンディングで「鳥タンゴ鍋」という歌が歌われており、歌詞が「鶏だんご鍋」の作り方を紹介しているそうです。
    サンレッドの舞台である溝の口にふさわしい「ご当地グルメ」とし地域の食材を利用したメニューの提供でまちおこし!地産地消・商業振興プロジェクトとして、高津区役所が企画を進めているこの取り組み、なかなかやるではありませんか!
    その鶏だんご鍋の食材として、たちばな野菜を使用する予定です!
    どんなお店が、どんな「鶏だんご鍋」を出してくれるか!乞うご期待
    情報がまとまり次第、お伝えしていきます。
    0
      | たちばな みどり | ジモト高津のオススメ情報! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      「高津区市民健康の森」にて竹炭づくりの体験!
      川崎市各区には、市民と行政のパートナーシップによって自然豊かなうるおいのある森を、手づくりで創出していくために、「市民健康の森」が設置されています。

      「高津区市民健康の森」は「高津区市民健康の森を育てる会」により、橘緑地保全地区周辺の孟宗竹の伐採、下草刈り、散策路の整備、花壇の手入れ、農作業等、健康の森の維持管理や、ほたるの放流、サツマイモ掘り体験、竹炭焼き体験等のイベントの開催を行っています。

      本日、行われた竹炭づくりの体験イベントに参加してきました。
      このあたりは急な斜面が多く、竹などの間伐も足場が悪く、困難な場所が多いのですが、適度な密度を保つことが、状態のいい森につながります。

      竹の活動が低下している10〜12月は、水分も少なく、質のいい加工に適した竹が収穫できるそうです。

      高津区市民健康の森の「春日台公園」の中に炭焼き小屋があります。
      そこにはドラム缶を加工した「ドラム缶がま」なるものがあり、長い煙突を取り付けて、本格的な炭焼き小屋!



      適当な長さ、大きさに切った竹をかまに入れ、入口をレンガや泥で固定します。
      そして「口焚き」といって、その入口でまきを燃やすこと2時間くらい。
      交代交代うちわで扇いで、熱をかまの中全体に行きわたらせます。
      温度が十分上がったら、かま口をレンガ、泥で塞いで、さらに5時間くらいそのままにして、炭化させていきます。
      その間に長い煙突の中で、冷えた蒸気を集めて、竹酢液を採取します。
      徐々に温度が下がるのですが、炭の取り出しは翌日以降になります。

      今日は、あらかじめ焼いてあった、隣のかまの炭を取り出しました。

      開けてみるまで、でき具合がわからないので、毎回ドキドキするそうです。

      今日はお土産に竹炭と竹酢液をいただきました。

      会の皆様は、シニアの方が多いようですが、ジョークを言い合いながら、和やかな雰囲気で楽しそうでした。お昼にはトン汁をご馳走になったり、森で採ったくるみを焼いて食べたり。


      全身、燻製のような匂いになりながら、癒し効果抜群の体験でした!

      健康の森の皆さん!ありがとうございました。
      また行きたいです!
      0
        | たちばな みどり | ジモト高津のオススメ情報! | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        上口先生のクラフト
        以前より、野菜のクラフトやドールハウスを製作・寄贈してくださっている上口千恵子先生を訪ねました。2月末のイベントに展示する野菜のクラフトの製作をお願いしました。

        その日製作されていたのが・・・

        節分のオニと恵方巻!

         

        おひなさま サイズは1cmくらいです!
        ミニチュアを通して、季節を感じてほしいそうです。



        高津区文化協会主催の「美術小作品展」に、上口先生が作品を出品されます。
        2月19日(金)〜3月1日(月) 10〜18時(火曜定休)
        会場:ギャラリー糀(大山街道・岩崎酒店2階)
        2月21日(日)には大山街道フェスタも行われます。ぜひ立ち寄ってみてください。

        詳細は、高津区文化協会ホームページ
        http://takatsu-bunka.org/web-k/contents/tb_index.html
        0
          | たちばな みどり | ジモト高津のオススメ情報! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          「オオカミの護符」上映会
           2009/1031

          映画「オオカミの護符」2008年にささらプロダクション製作、監督:由井 英)を上映しました。会場は、高津区子母口「プラザ橘」。

           
           この映画は、川崎市宮前区土橋に続く行事「御嶽講」(みたけこう)、地域に根ざした歴史、伝統文化を描くドキュメンタリー映画。
          「御嶽講」とは、豊作や一年の無事を祈り、オオカミ信仰の聖地、青梅・御嶽山の武蔵御嶽神社まで参拝し、御札をもらってくる一連の参拝行事のこと。
          「オオカミの護符」は、この御嶽講で授けられる御札。家の戸口や土蔵の扉、畑の片隅などに毎年張り替えられ、この地に続く伝統的な地域文化のひとつです。

          このあたりは新興住宅地に姿を変えつつあり、風土に育まれてきた文化を知る人も少なくなってきました。「今ある暮らしが、昔から受け継がれているものの上に成り立っていることを知って欲しい。そして地元に愛着を持つきっかけになれば」(由井監督)との思いを込め製作されました。

           

          「たちばなの農のあるまちづくり」には「昔を今に活かしたい」この思いが編みこまれています。この映画の上映は、市民と農家の交流の機会にもなる取り組みとしても準備しました。「たちばなの農のあるまちづくり」は、これからも歴史文化を大切にする視点で取り
          組みを進めていきます。

           プラザ橘)

          0
            | たちばな みどり | ジモト高津のオススメ情報! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            <new | top | old>